兵庫県平和大使協議会はAPTF阪神との共催で、5月29日(日)に西宮市フレンテホールにて「第5回ファミリーフェスティバル in 阪神」を開催しました。今回は、西宮市ならびに西宮市教育委員会、西宮市文化振興財団に後援して頂きました。

 当日は台風の影響で天候が悪く、参加者の集まりが心配されましたが、結果的には170名あまりの方々が参加して下さり無事開催することができました。

 フェスティバルは「琉球国祭り太鼓」の演舞で始まりました。子供から大人まで9人のメンバーで創作エイサーの曲を力強く披露してくれました。西宮市発行の市政ニュースのイベント案内を見て、新しい方60名が会場に足を運んでくださいました。

 

 吉位隆司実行委員長の挨拶のあと、元県会議員、市会議員から祝辞を頂きました。続いて「芦屋フルートプロムジカ」の4人の女性がフルートの美しい音色を聞かせてくれました。大小いろいろなフルートを演奏し、いろいろな音色を奏でていました。

 日本にお嫁に来た金美淑さんは、韓国民謡バンソリの悲しく切ない心情を感動的に歌ってくれました。渡辺泰子さんと下村舞さんによるピアノ連弾は語りも入った素晴らしい演奏で、観客は幼少時に戻ったような懐かしい気分になりました。

 

 最後に恒例の大抽選会があり、喜びと感謝の中にフェスティバルは終了しました。

 

(報告:兵庫県平和大使協議会)

ブログトップ
ページ上部に