■団体名:GPAファミリー久喜

■活動日:11月23日(勤労感謝の日)

■活動場所:埼玉県久喜市 特別養護老人ホーム「鶴寿荘」

■活動報告:

 11月23日(勤労感謝の日)、久喜市特別養護老人ホームのデイサービスに、復興バンド”エターナル・ジョイ”がボランティア訪問しました。

 このホームでは、音楽療法というのをやっていて、音楽は超言語的・創造的・構造的な質を含み、それらはセラピー的関係の中で自己発見、自己表現、コミュニケーションを促すという効果があるということで入寮者の方々の維持改善のために音楽を奨めています。

 当日は午後2時から約1時間、お年寄りのみなさんと音楽を通して交流し、元気になっていただきました。

 はじめに、私達の演奏で「君は愛されるために生まれた」~久喜市の歌「笑顔の町永遠に」など3曲で和やかな場ができ、そのあとは入寮者の皆さん、職員たちと一緒に、「上を向いて歩こう」~「川の流れのように」~「北国の春」など7曲ほどを演奏しました。

 とても好評で職員のみなさんからもまた来て欲しいと言われながら、施設を後にしました。

 

ブログトップ
ページ上部に