家族交流会「イベントゲーム大会」キャンペーン■団体名:北愛知平和大使協議会

■活動日:4月28日(日)

■活動場所:愛知県津島市生涯学習センター

■参加人数:110人
■活動の様子:

 4月28日(日)愛知県津島市生涯学習センターにおいてAPTF津島支部と平和大使協議会共催で「イベントゲーム大会」を行いました。110名が参加しました。

 今回は「家族の大切さ」を世界的に共通認識するために国連が定めている「国際家族デー」に賛同して行われました。

 午前10時から開会式が行われ、受付で配布されたファミリープロミスカードに書かれたファミリープロミス宣言を参加者全員で唱和しました。

 その後、イベントゲームの競技が始まりました。

 参加者が自分の住む地域別にチームを編成し、名古屋市チーム、津島市チーム、海部郡チーム、その他連合チームの4チーム対抗でゲームを楽しみました。

 ゲームの内容は

〇遠くからボールを投げてカゴで受ける「遠投玉入れ」

〇10人が手を繋いで横に一列に並び、ロープで作った輪を、手を離さずに左端から右端まで順番に10人が潜り抜けていく「連結輪くぐり」

〇夫婦がおでこにトイレットペーパの芯をはさんでリレーする「芯まで一緒」

〇腰につけた万歩計の歩数を制限時間内でどれだけ上げられるかをチーム対抗で競う「万歩でダンス」

〇じゃんけんをして、負けた人が勝ったひとの後ろにまわり、つながった人数を競う「ムカデじゃんけん」

〇多種目チーム対抗リレー(なわとび、すり足、おたまでピン球、モデルウォーキング、手の甲にボールを乗せて)の6種目で得点を競いました。
 

 運動会と違って、タイムや順位を競うというよりも、楽しみながら、笑いながら、チーム内外の交流を主な目的としているので、終始笑いが絶えず、アットホームな雰囲気で各ゲームが進行しました。

 競技終了後、表彰式、閉会式、全体記念撮影と続き、イベントゲーム大会は大成功のうちに幕を閉じました。

 

家族交流会「イベントゲーム大会」

家族交流会「イベントゲーム大会」家族交流会「イベントゲーム大会」



 

トラックバックURL

-->
ブログトップ
ページ上部に