第11回ファミリーフェスティバルin大分キャンペーン■団体名:「人づくり、家庭づくり、国づくり」国民運動推進大分実行委員会

■活動日:5月19日(日)

■活動場所:別府市、ビーコンプラザ
      フィルハーモニアホール

■参加人数:512人

■活動報告:

 司会による開会宣言のあと、全体でファミリープロミス(8つの約束)を唱和しました。

 主催者挨拶は、「人づくり、家庭づくり、国づくり」国民運動推進大分実行委員会の金斗衡実行委員長より、歓迎の挨拶がありました。

 続いて、聖歌隊(モ サラン)による「Hey和」のコーラスのあと、講師の紹介がなされ、いよいよ第1部のメインである特別講演が始まりました。

 講師の篠崎幸郎先生により、「二人は一つ」と題した講演を、パワーポイントを使いながら、家庭の幸せは、親・夫婦・子女・兄弟の4つの愛を完成することであると、わかりやすく語ってくださいました。

 その後、特別表彰が行われ、今回国連の「国際家族デー」にちなんで、三世代同居家庭、国際家庭合わせて12家庭が、親・夫婦・兄弟が仲良く幸せな家庭づくりをされているので、モデル家庭として表彰されました。

 休憩の後、第2部のエンターティメントが、聖歌隊の「みめぐみゆたけき」のコーラスから始まり、大分ジュニア合唱団の「花は咲く」などのコーラスでは、可愛い歌声が披露され、会場から大きな拍手がありました。

 また、その後の4人による合唱では、「栄光の架け橋」「少年時代」を見事なハーモニーで歌い上げ、聴衆を魅了しました。

 続いて、第2部のメインであるオリジナルの演劇「マイファミリー」を、劇団大分によって演じられ、貧しい家庭の中で、父・母・兄が妹の大学進学のためにそれぞれが働いて作ったお金を出し合って、プレゼントするというほのぼのとした家族愛を見事に表現して、観客に感動を与えました。

 その後、クラシック演奏が、ピアノ・フルート・テノールによってなされ、セレブな雰囲気を満喫しました。

 最後に、お楽しみ抽選会が行われ、高額賞品には大きな歓声が湧きおこりました。

第11回ファミリーフェスティバルin大分第11回ファミリーフェスティバルin大分第11回ファミリーフェスティバルin大分

 

ブログトップ
ページ上部に