ファミリーイベント

キャンペーン

■団体名:APTF富山

■活動日:5月1日~30日(30日間)

■活動場所:富山市富山駅

■活動報告:国際家族デーを県民に知っていただくために毎日夕方 約1時間遊説をしています。

滋賀県平和大使協議会彦根支部family_D_cp■団体名:滋賀県平和大使協議会・彦根支部

■活動日:11月23日(土)

■活動場所:滋賀県長浜市高月町雨森 雨森芳洲庵訪問

滋賀県平和大使協議会彦根支部■活動報告:

 雨森芳洲庵を今年も訪ねました。とても暖かい日になり少人数ではありましたが芳洲先生の教えを学ぶ時間を持ち、縁側の庭園と紅葉を見ながら昼食を皆で頂きました。

 芳洲先生が還暦を過ぎて記した「互に欺かず争わず真実を以て交り候を、誠信とは申し候」こそが世界を一つにし、人類一家族実現の方策ではないかと感じました。私達が受け継いでいきたいと思います。
 

ファミリー紅葉写生会family_D_cp■団体名:滋賀県平和大使協議会・彦根支部

■活動日:11月23日(土)

■活動場所:滋賀県長浜市 木之本町古橋 鶏足寺

■活動報告:

 雨森芳洲庵から近くの鶏足寺の紅葉を見に行きましたが、この日は来場者がとても多く駐車場も満杯状態でした。今回はこの美しい紅葉を写生してみようと言う事になり、絵の具などではなく、モミジやイチョウ、コケや草等を摘んできて画用紙に張り付けて紅葉の美を表現することにしました。

 来場されている方達も私達の写生会を見られながら「きれいですね」「私達もモミジ拾って帰ろう!」と言われながら散策されていました。初めての試みでしたが楽しく思い思いに、色とりどりの落ち葉で自然を描いてみました。 楽しかったです。

ファミリー紅葉写生会ファミリー紅葉写生会ファミリー紅葉写生会
 

APTF東埼玉family_D_cp■団体名:APTF東埼玉

■活動日:11月10日(日)

■活動場所:埼玉県秋ヶ瀬公園

■活動報告:

 11月10日、さいたま市の秋ヶ瀬公園において、初めての方10名を含む700名の家族連れが参加し、「ファミリー大運動会」を開催しました。浦和や久喜市、越谷市などから参加した、未就学児から年配の方までが、6チームに分かれて競い合いました。

 種目は、徒競走、綱引き、玉入れなどのおなじみの競技に加え、夫婦でボールを支えて走る「愛のラケット便」や、親子二人三脚のように家族の絆を深めるものもありました。

 応援パフォーマンスでは、エビカニおどりを披露して笑いを誘うチームがあったり、韓国の踊りを踊って運動会を盛り上げるチームがあったりなど、様々に工夫を凝らしました。

 この日は、天気予報では大荒れ模様と報じられていましたが、午後からは晴れ間が見え、気温も運動するには程良く、天候に恵まれ、参加者は、久々に汗を流し、家族や地域の人とともに競い合い、心が一つになり大満足の一日となりました。
 

APTF東埼玉APTF東埼玉APTF東埼玉
 

船橋支部family_D_cp 11月10日、船橋支部では、茨城県笠間市において、夫婦や親子連れなど35名が参加し、「笠間焼き体験&菊祭りバスツアー」を開催しました。

 鮮やかな黄色が映える大型バス車内では、はじめに森山先生のビデオが上映され、独特の話しぶりに一瞬にして爽やかな気持ちになり心が解放されました。笠間稲荷に到着し、昼食のむぎとろ御膳をとてもおいしくいただき、菊祭りでは菊人形や多種多様な菊が鮮やかに並び、係の人が今が一番きれいな時ですとにこやかに説明してくれ、黄色や赤の菊の花や夫婦写真をたくさん撮りました。

船橋支部 その後、お目当ての笠間焼絵付け体験のために笠間工芸の丘に行きましたが、事前の案内で笠間焼絵付けのための下書きなどを準備してくださいと案内していましたので、皿や茶碗、マグカップなど世界に1つという自分だけの作品を、心を込めて仕上げることができました。

 花の絵やキャラクターなど個性豊かな各人各様の作品ですので出来上がりが待ち遠しいです。参加した皆さんは、未体験という緊張感と自分の作品を仕上げたという充実感を得たようです。

 今回のイベントは自己創造という自分に対する喜びと、喜びを共有したという一体感、そして、今後さらにお互いが仲良くなるという希望を感じる一日となりました。

船橋支部 参加者からは、「笠間焼き絵付けにはまりそうです。次はぜひ母親を連れて来たいです。」「目の不自由な妻の世話をしながらでしたが、来てよかったです。一生の思い出になります。」「夫と一緒で大変嬉しかったです。一生の記念になる作品を手に入れると共に、同じ仲間といるという絆を強く感じました。」「菊がきれいで、絵付けは個性的で楽しかったです」など、喜びいっぱいの感想が聞かれました。

APTF栃木family_D_cp■団体名:APTF栃木

■活動日:11月10日(日)

■活動場所:栃木県真岡市 二宮運動場


■活動報告:
 

 第7回APTF栃木ファミリー運動会を開催いたしました。当日は、全国的に大雨の天気予報で、誰しもが開催は不可能だと思ってましたが、会場だけは雨が降っていなかったので、予定通り開催し、お昼休みに雨が降りましたが、終了時には晴れ間も見えて、すべて終了した後に、雨が降ってきました。

 この日の競技は、親子・夫婦・団体、そしてチーム対抗リレーは白熱した競技でした。このような行事を行って、運動会はスタッフが大変ですが、必要な行事だと痛感致しました。夫婦、親子、家族、氏族、グループの交流がとても良く出来て、「良かった!」の一言に尽きる。と感じました。そして、全国的に家族週間でもあり、意義深い行事だったと思います。
 

■PRメッセージ:
 

 私達の団体は、常に「ファミリー」を合言葉に、全ての事柄に取り組んでおります。特に、ボランティア活動は、個人のボランティアでなく、「ファミリーボランティア」を行ってます。今回の運動会も、ファミリーが参加して、ファミリーの種目を重点的に企画しております。全国でも多くの団体で「ファミリー」を合言葉に頑張りましょう!

 

aptf_narafamily_D_cp■団体名:APTF奈良

■活動日:11月9日(土)

■活動場所:大阪府岬町 「とっとパーク小島」


■活動報告:
 

「自然の中で家族の交流を深めよう!」ということをテーマに、第5回目となるファミリーふれ合い釣り大会を開催しました。

 この釣り大会は、ただの釣り好きのおっちゃん達が集まって楽しむ釣り大会とは違い、①家族内での交流を深める②家族同士の交流を深める③自然の恵みに感謝するということを目的として行う釣り大会です。

 今回、初めて参加した家族もあり、釣好きのお父さんがいる家庭は、初めて参加する家庭をサポートをしながら自然と家族同士の交流が深まっていきました。

 大会は、開園の6時から12時までの時間で「大人の部の大物賞」、「子供の部の大物賞」、「家族賞」を設けてそれぞれ競い合いました。

「お父さんは大物をねらってね。他のみんなは家族賞を目指して小さい魚をたくさん釣るから」と家族で戦略を立てながら入賞目指して協力し合う中に家族の絆が自然と深まっているようでした。

第4回ファミリー運動会in滋賀family_D_cp■団体名:真の家庭運動推進滋賀協議会

■活動日:11月3日(日)

■活動場所:滋賀県近江八幡市 近江八幡市運動公園

■活動報告:

 恒例となりました、滋賀協議会全体あげてのファミリー運動会が198名の会員家族が集って行われました。

 当日朝は雨の心配もありましたが、10時30分の開会時には日ざしも出きて、運動会の天候としてはまずまずでした。後半には雲が広がり小雨も落ちてきましたが、滋賀県内の他の地域で雨が降り出しのにもかかわらず、なんとか天候は持ちました。

 協議会会員の壮年の方の事前、当日の万端な準備の甲斐もあって、運営がスムーズに全ての日程を終えることができました。

 プログラムとしては昨年とほぼ同様ですが、昨年の反省に立って、より見やすく、また審判を明確にすることで、順位が明確になるようにと工夫をしました。また夫婦が、親子が、他の家庭同志が一体となって競う競技を主にし、意義ある楽しい運動会になりました。

 最後の表彰式では、各支部とも順位に応じて賞金と副賞の果物が渡されました。

 景品抽選では予定していた賞品に個人競技の賞品で残ったものが追加され、また予定していなかった70歳以上のご高齢者参加賞が追加されたりで多くの方がお土産を持って喜んで帰って行かれました。

■PRメッセージ:毎月地道に社会奉仕!彦根支部、守山・瀬田支部合同、大津支部の3ヵ所でびわ湖岸の清掃活動を家族で行っています。

第4回ファミリー運動会in滋賀第4回ファミリー運動会in滋賀第4回ファミリー運動会in滋賀

第4回ファミリー運動会in滋賀第4回ファミリー運動会in滋賀第4回ファミリー運動会in滋賀
 

ファミリー運動会

キャンペーン■団体名:平和大使山口協議会

■活動日:5月26日(日)

■活動場所:山口県維新公園アリーナ

■参加人数:345人

■活動報告:

 開会式、午前中の各競技、昼食、午後の各種競技、閉会式、表彰という流れで行いました。

 各競技ではふれあい競技のパン食い競争や借り物競走、お菓子釣り競技、シニアグランドゴルフなど、多くの人が参加出来る競技や支部対抗戦の綱引き、男女リレー、ボール送り競技など白熱した戦いがあり、応援にも力が入りました。

 親子三代で参加した人は子供の参加できる競技からシニアまで楽しく一日を過ごせました。日頃会えない他の支部の人とも交流が出来て良かったです。

ときめきロボコンクラブキャンペーン■活動日:5月19日(日)

■活動場所:新潟県長岡市
      ニュータウンいこいの広場

■参加人数:150人
  (内訳 大人90人、学生26人、子供34人)
■活動報告:

 当日は薄曇りの天候で、バーベキューには最適な一日でした。

 日頃から、「ときめきロボコンクラブ」は、小学生のロボコン活動を行っていますが、お手伝いして下さった方々やその家族を招待して、今回、ファミリーバーベキューを開催しました。

 お互い初めての方もいましたが、胸に名札をつけ、自己紹介を兼ねて「あめあめジャンケン」などもして、自己紹介と挨拶をしながらジャンケンをし、仲良くなりました。

 青年や中高生の寸劇もありイベントは盛り上がりました。お昼には美味しい焼肉と焼きそばをバーベキューで頂きました。楽しい家族の交流の場になりましたし、ロボコンメンバーとの交流を持つ有意義な時間を持つことができました。

ユリの会キャンペーン■団体名:ユリの会

■活動日:5月18日(土)

■活動場所:滋賀県彦根市

■参加人数:21人(内訳:大人15人子供6人)

■活動報告:

 国際家族デーキャンペーンに合わせ彦根において何組かの家族が集まって「ユリの会」を発足しました。家族間の交流、地域や家庭、学校、子供の教育等々幅広い内容で話し合う会として立ち上げました。今回は第1回目の集会をもちました。子供たちの交流などもできて良かったと思います。

田植え&バーベキュー2013キャンペーン■団体名:千葉県平和大使協議会

■活動日:5月3日(金)

■活動場所:千葉県富津市 溝口農園

■参加人数:101人

■活動報告:

開会:プロミス宣言(参加者全員カード配布)、主催者挨拶、農園園長挨拶、本日の流れとお知らせ

①田植え、終了後記念写真撮影 ②バーベキュー ③タケノコ堀りのあとスイカを食べ、お土産に収穫したタケノコと溝口農園からのお土産を各家庭頂いて解散

 世界家族デーと「人づくり、家庭づくり、国民運動」については主催者事務局から田植えの前の開会の際ホームページの資料を用いて参加者の皆さんに説明しました。そのあとプロミス宣言をしました。

■参加者の感想:

・今回初めて参加しましたがこんなに楽しいイベントだとは思わなかった。子供たちもとても喜んでいたし、親子の共同作業で田植えやタケノコ堀り、バーベキューも出来てとても有意義な時間を過ごせました。来年もぜひ参加したいので宜しくお願いします。

・ゴールデンウィークにこのイベントに参加しないのはもったいないと話しかけてくださったお父さんもおられました

田植え&バーベキュー2013田植え&バーベキュー2013田植え&バーベキュー2013

金閣寺キャンペーン■団体名:21世紀京都平和フォーラム

■活動日:4月29日(月)

■活動場所:京都府京都市 金閣寺

■参加人数:21人


■活動報告:

金閣寺 京都には16の世界遺産があります。


 その中でも金閣寺は年間400万人以上の方が訪れる超人気のスポットです。日本はもちろん外国からも多くの方が来られます。

 尚、本日は祝日であり、大変多くの方が来られていました。私達、「21世紀京都平和フォーラム」では、今までさまざまな有識者の方を招いて、講演会活動をして来ましたが、その会員の中にはさまざまな方々がおられます。

 今回、そういう方達の交流と絆を深めるために、家族を中心として21名が集まりました。「国際家庭デー」のことを説明して、「ファミリープロミス」の唱和を行いました。

 中には奥様が韓国の方という家族もおられましたし、今日初めて金閣寺に来たという経営者の方もおられました。お互いが親睦を深め、また京都の歴史にも触れて、有意義な時間を過ごしました。今後このような家庭を中心とした活動を継続して行っていきたいと思います。

■PRメッセージ:「世界の平和の出発は私の家庭から!」家庭を中心とした、地域に根ざした活動を行っていきます!

金閣寺金閣寺金閣寺


 

家族交流会「イベントゲーム大会」キャンペーン■団体名:北愛知平和大使協議会

■活動日:4月28日(日)

■活動場所:愛知県津島市生涯学習センター

■参加人数:110人
■活動の様子:

 4月28日(日)愛知県津島市生涯学習センターにおいてAPTF津島支部と平和大使協議会共催で「イベントゲーム大会」を行いました。110名が参加しました。

 今回は「家族の大切さ」を世界的に共通認識するために国連が定めている「国際家族デー」に賛同して行われました。

 午前10時から開会式が行われ、受付で配布されたファミリープロミスカードに書かれたファミリープロミス宣言を参加者全員で唱和しました。

 その後、イベントゲームの競技が始まりました。

 参加者が自分の住む地域別にチームを編成し、名古屋市チーム、津島市チーム、海部郡チーム、その他連合チームの4チーム対抗でゲームを楽しみました。

 ゲームの内容は

〇遠くからボールを投げてカゴで受ける「遠投玉入れ」

〇10人が手を繋いで横に一列に並び、ロープで作った輪を、手を離さずに左端から右端まで順番に10人が潜り抜けていく「連結輪くぐり」

〇夫婦がおでこにトイレットペーパの芯をはさんでリレーする「芯まで一緒」

〇腰につけた万歩計の歩数を制限時間内でどれだけ上げられるかをチーム対抗で競う「万歩でダンス」

〇じゃんけんをして、負けた人が勝ったひとの後ろにまわり、つながった人数を競う「ムカデじゃんけん」

〇多種目チーム対抗リレー(なわとび、すり足、おたまでピン球、モデルウォーキング、手の甲にボールを乗せて)の6種目で得点を競いました。
 

 運動会と違って、タイムや順位を競うというよりも、楽しみながら、笑いながら、チーム内外の交流を主な目的としているので、終始笑いが絶えず、アットホームな雰囲気で各ゲームが進行しました。

 競技終了後、表彰式、閉会式、全体記念撮影と続き、イベントゲーム大会は大成功のうちに幕を閉じました。

 

家族交流会「イベントゲーム大会」

家族交流会「イベントゲーム大会」家族交流会「イベントゲーム大会」



 

 

ファミリー・ボーリング大会 11月25日、「家族の日」にちなんでファミリーボーリング大会を開催しました。

 ファミリーとあって競技は二人以上の家族で2ゲームを行います。お互いミスをカバーしながらスペアや、ストライクを狙います。小さな子供がいるところはノーガーターレーンでのゲームになります。

 ファミリー・ボーリング大会個人でするのとは違い点数は伸びませんでしたが笑いや、歓声が鳴りやまないゲームでした。久しぶりにボールを手にした人はガータの中にストライクをだいしたり、子供たちはガードで跳ね返りながらの初めてのストライクを出しては大はしゃぎでした。


 39名の家族が参加し点数より何倍もの喜びを感じた大会でした。

 南大阪平和大使協議会は5月27日、「人づくり、家庭づくり、国づくり」運動を地域に広くアピールする目的で、「春のファミリー運動会」を開催しました。

 運動会はまた、国連の「国際家族デー」を祝う記念行事でもあり、炎天下にも関わらず、会場となった堺市の大仙公園「催し広場」には、家族連れのほか親類や知人にも声をかけあいながら、約1200名が参加しました。また、地元選出の府議会議員も駆けつけ、参加者に激励のメッセージを送りました。

 参加者は色別に4チームに分かれ、競技はもちろん応援合戦でもチームワークを競い合いました。優勝を目指して一体となることを通して、人の絆や家族の大切さ、素晴らしさを感じることのできる1日なりました。
 

(報告:南大阪平和大使協議会)

Newer Entries »
ブログトップ
ページ上部に