首都圏ネットワーク・いちょうの会

■団体名:いちょうの会

■活動日:5月20日(日)

■活動場所:埼玉県戸田市

■活動報告:
 いちょうの会では戸田市で午後から清掃活動を行った。3時から約3時間程であったがゴミ袋100個以上になるほどであった。

 戸田市からも今回のプロジェクトは賛同をいただき、また地元の町会長さんもご了承いただき、また地元の企業さんも協力をいただき行われた。ゴミ拾い、草むしり、側溝清掃、橋の欄干の清掃等さまざまであった。まさに行政と地域の方々と企業が一つになって応援していただいたボランテイアであった。

 いちょうの会のスポーツ大会に合わせて行ったこともあり、いちょうの会のメンバーや地元の家族連れの方々等延べ300人から400人が参加するプロジェクトになった。

いちょうの会

■団体名:いちょうの会

■活動日:5月9日(水)

■活動場所:東京都内

■活動報告:
 いちょうの会では『ワンコイン植林サポート運動』を行うことにしました。この運動が地球温暖化防止の推進と植林を通して自然との調和や共生をする『心』を取り戻す運動と感じたからです。

 今回はいちょうの会のメンバーでまず10人が早速、協力して下さいました。多くの方にこの運動をお伝えし進めていきたいと考えています。

■PRメッセージ・連絡先

 ワンコイン植林サポート運動にご協力いただける方は特定非営利活動法人アジア植林友好協会  042-451-6120  までお願いいたします。

■団体名:首都圏ネットワーク・いちょうの会

■活動日:2月1日~29日

■活動場所:首都圏

■活動報告:いちょうの会では毎月ボトルのキャップの回収運動を行っています。商店街の人達や、職場の方々、さらに地域の方の協力により2月は約7000個集まりました。

 集まったキャップは地域の知的障害者施設に届けた後、施設の方々の区分けの仕事として処理されさらに東京木工所へと運ばれ廃木材と一緒になりエコプライ商品として再生されます。ここではまたアジアの地域への植林支援活動も行われています。

 たった一つから始まるキャップの回収運動は職場で、地域で、家庭で広がりつつあり嬉しい限りです。皆さんもぜひ、身近な奉仕活動として行っていただければと思います。

■団体名:首都圏ネットワーク・いちょうの会

■活動場所:埼玉県 商店街にて

■活動報告:

いちょうの会

 私の職場では毎週水曜日に早朝から会議を行うが、会議の後には社員全員で商店街の清掃活動を行う。たった30分弱であるが社長も含めて皆で行っている。やはり煙草の吸殻が圧倒的に多い。

 商店街の清掃活動は3年以上になるが商店街の方ともいつの間にか親しくなってきた。自然と挨拶がかわされ地域の関係が良くなる気がする。職場や地域での身近なボランテイアは本当に重要だと、感謝の言葉をいただくたびに感じる。

 先日も近くのおばさんが、いつもありがとうと一夜漬けのおしんこを持ってきて下さった。またメダカを育てている床屋のご主人もいつもありがとねと言って下さる。嬉しい限りである。

 寒い中ではあるが掃除をやった後は、なぜかすがすがしい気持ちになる。そして一日気持ちよく仕事ができる。

 皆さん、定期的な職場での清掃活動をお勧めいたします。

■団体名:首都圏ネットワーク・いちょうの会

■活動日:1月1日~1月31日

■活動場所:東京都

■活動報告:

 首都圏ネットワーク・いちょうの会では首都圏を中心にH24年1月の活動として、

①日本人として誇りを持つべく会員が、祝日に国旗を掲揚いたしました。

②職場や地域でボトルキャップを約12000個集め障害者施設の区分けの仕事として届けました。

③昨年は会で100回献血を目標に医療奉仕活動として献血を行いました。

④震災による体内の放射能汚染を除去すべく和食文化の素晴らしさと効能を伝える運動も行いました。


 また今年は地球温暖化防止の観点からゴーや等による緑のカーテン運動の競争やや河川敷の清掃活動などを行いさらにいちょうの会の輪を広げたいと思います。全国の皆さまのご協力をお願いいたします。

ブログトップ
ページ上部に