APTF北愛知名城支部

キャンペーン

APTF名城支部5■団体名:APTF北愛知名城支部

■活動日:5月17日(日)

■活動場所:愛知県知多市


■活動報告:

 5月17日、五月晴れの青空の下、白く波打つ内海海岸にて、名城支部では、家族間の交流を深めるために、180名の家族連れ(初参加者3名を含む)が参加し「地引き網&バーベキューin南知多」を盛大に開催致しました。

 朝10時半に砂浜に集合し、網元さんによる説明を受けた後、イベントスタッフのホイッスルと若い青年部の掛け声に合わせて、みんなで地引き網を引き上げました。初めての地引き網イベントとあって、子供から大人までワクワクしながら網に掛かった魚をのぞき込むと、クロダイ、イシダイ、スズキ、マダカ、ヒラメ、ヒラマサ、セイゴ、フグやエイ、イカに至るまで100匹以上が掛かっており、更に勢いよく飛び跳ねる魚の姿を目にして、みなから驚嘆の声があがりました。魚を前にして全体で記念撮影をした後、子供たちは獲った魚にさわりながら、大喜びではしゃいでいました。

 主催者挨拶で林伸一顧問が「もらった以上に与える愛で、ために生きる一日にしましょう」とメッセージを語られました。その後、獲りたての魚をさばき、刺身・塩焼きや、塩味・味噌味の鍋料理にして美味しく頂きました。バーベキューでは、定番の焼き肉、ソーセージに加え、シシ肉の差し入れや玉ねぎのホイル焼きなども楽しみました。初夏の心地良い風に、夫婦や子供連れの家族の嬉しい笑顔がスナップにおさまっていました。

 その後、賞品争奪ジャンケンゲーム大会を大人も子供も楽しみ、子供たちが砂浜で宝さがしゲームを行い、カメのフィギュアに書かれた番号によって、それぞれの景品をもらって喜んでいました。総括の後、大久保義教支部長の音頭で大会の大成功を万歳四唱して祝い、楽しかった海辺の家族イベントを締め括りました。最後に喜びと感謝と奉仕の精神で、全体の片付けや清掃活動を行い、初参加の方も率先して手伝っていました。

APTF名城支部2APTF名城支部4APTF名城支部3
ブログトップ
ページ上部に